第121回日本消化器病学会九州支部例会・第115回日本消化器内視鏡学会九州支部例会

演題募集のご案内

下記の演題区分によって演題を募集いたします。なお、演題の採否および最終的な演題区分、発表形式は会長に御一任下さい。皆様からのご登録お待ち申し上げております。

演題募集期間

2024年6月5日(水)正午~7月24日(水)正午

この期間内に登録をお済ませ下さい。

発表形式

パネルディスカッション
シンポジウム
一般演題
ポスターセッション
※いずれも現地発表のみとなります。

発表形式・カテゴリー

パネルディスカッション

パネルディスカッション1:災害医療とドクターカーの活用 公募・一部指定(予定)

趣旨:能登半島地震において、傷病者搬送ツールの1つとして、ドクターカー・DMATカーが重宝された。しかし、慣れない土地や環境におけるドクターカーでの活動は通常とは違うミッションを担うこともあり、様々なトラブルに対応する必要もある。災害医療におけるドクターカーの役割、活用法、注意点などについて様々な知見を共有したい。

パネルディスカッション2:プレホスピタルにおける多職種連携とその教育 公募・一部指定(予定)

趣旨:プレホスピタルでの活動は、医師、看護師だけではなく、運航調整担当者、ドクターカー運転手、救急救命士、消防通信指令員、場合によっては警察など多くの職種の連携によって成り立っており、多職種がいかに連携するかによって活動の良し悪しが変わる。様々な職種との連携や教育方法について、各施設の取組みを共有したい。

シンポジウム

シンポジウム:地域で最強の病院前救急医療システムの構築 公募・一部指定(予定)

趣旨:第8次医療計画では、地域におけるドクターカーの有効活用が盛り込まれた。これを受けて、地域の医療計画にドクターカーをどの様に組み込むか、医療を取り巻く社会情勢の変化に今後ドクターカーがどのように柔軟に対応していくか、地域ならではのドクターカーの活用方法とはどのようなものかなどについて様々な角度からの意見や取り組みについて共有したい。また、病院前救急システムとDX、ドクターカーの運用時間と働き方改革なども地域の実情によって大きく変わるところであり、地域に適した最強の病院全救急医療システムを構築するヒントを皆様で議論したい。

一般演題カテゴリー

  1. ドクターカー
  2. ドクターヘリ
  3. 症例報告・症例検討
  4. 教育
  5. 多職種連携
  6. グランドナース
  7. その他

ポスターセッション:自施設のドクターカー自慢

趣旨:ドクターカーは今や全国的に広く普及し、病院前救急医療の主役になろうとしています。車両、装備・資機材、搭乗スタッフ等を工夫し、様々なミッションに対応できるドクターカーが登場しています。是非、皆様の施設のこだわりのドクターカーをご紹介ください!

演題登録の流れ

登録は「STEP1 連絡先登録」、「STEP2 抄録登録」の2段階に分けて行います。

STEP1 連絡先登録

※こちらで登録のメールアドレスに演題・参加登録に関するご連絡が通知されます。
申込者=筆頭演者=発表者としてください。

※このログインIDとパスワードは、参加登録にも利用可能です。

  1. 「新規申込」をクリックします。
  2. 「個人情報のお取り扱いについて」をご確認の上、「上記規約に同意します」をチェックし、「新規申込画面へ進む」をクリックします。
  3. 名前、連絡先を入力してください。
    ご希望のログインIDをご自身で決定の上、「登録内容の確認画面へ」をクリックします。
  4. 内容に間違いないかご確認の上、「確定する」をクリックすると、STEP1完了となります。
  5. 入力されたメールアドレス宛に登録完了の通知メールが1通届きます。
    自動発行されたパスワードが記載されていますので、大切に保管してください。
    ログインIDはメールに記載されませんので、忘れないように必ず控えてください。
STEP2 抄録登録
(A) STEP1からそのまま作業を継続する場合

STEP1 完了後表示される「抄録を新規投稿する」をクリックして、投稿画面に進んでください。

(B) STEP1終了後、作業を中断している場合
  1. Webエントリーシステム入口の『申込確認・変更』より、取得したログインIDとパスワードを使用してログインしてください。
    ※ページ下部の「演題登録はこちら」からもお進みいただけます。
  2. メインメニュー上部、「抄録投稿・更新・取下」をクリックし、投稿画面に進んでください。
投稿画面での入力方法
  1. 全演者の所属施設を入力してください。
    ※筆頭演者=発表者としてください。 ※所属施設が複数ある場合は、「追加」ボタンをクリックして、入力欄を追加してください。
    最大10施設(筆頭演者の所属施設を含む)までとなります。
  2. 共同演者の氏名、ふりがなを入力し、上記で入力した所属機関の番号を選択してください。 ※登録可能な共同演者数は、最大9名(筆頭演者を含めて10名)までです。
  3. 発表形式・カテゴリーを選択してください。
  4. 演題名を全角50文字以内で入力してください。
  5. 本文は、全角800文字以内で入力してください。
  6. 「抄録ファイルを表示する」をクリックし、内容に間違いがないかご確認ください。
  7. 内容の確認後、「抄録を投稿する」をクリックしてください。 ※「抄録を投稿する」ボタンをクリックせず、ファイル表示のまま終了された場合は、抄録登録が完了しませんので、ご注意ください。
  8. 抄録投稿が完了しますと、ご登録のE-mailアドレス宛に投稿完了メールが届きますのでご確認ください。

入力の際の注意事項

  • 抄録本文は【目的】、【方法】、【結果】、【考察】、【結論】など項目を立てて記述してください。(※症例検討を除く)
  • ご登録いただいた抄録の書式は事務局にて体裁を調整させていただくこともございますので予めご了承ください。
  • 句読点は「、」「。」を使用し、カンマ「,」ピリオド「.」は使用しないでください。
  • 英字および数字は半角で入力してください。
  • ① ② ③のような丸付き数字は使用できません。
  • Ⅰ Ⅱ Ⅲのようなローマ数字も使用できません。英字の組み合わせで、II、VI、XIのように入力してください。
  • タイトルおよび抄録本文で上付き文字、下付き文字、斜め(イタリック)文字、アンダーラインなどを使用する際は、書式を変更したい範囲をそれぞれ{sup}{/sup}、{sub}{/sub}、{i}{/i}、{u}{/u}で挟んでください。また、行の途中で改行したい場合は、改行する文の冒頭に{br}を入力してください。これらの記号はすべて半角文字を使用してください。この文字は文字数には含まれません。 ※詳しくは登録画面にも記載されています。
  • 英文入力の際にひとつの単語をハイフン(-)で切らないでください。
  • 不等号「<」「>」を使用する時は、全角文字を使用してください。
  • 図表、画像、写真は掲載できません。

登録演題の確認・修正・削除

演題申込締切日までは何度でも、登録した演題を確認・修正することが可能です。

  1. 本ページ⼀番下の「演題登録はこちら」ボタンをクリックしてください。
  2. ログインIDとパスワードを入力してください。
  3. 画面上で修正し、「抄録ファイルを表示する」で確認後、「抄録を投稿する」ボタンをクリックしてください。これで修正は完了です。 ※修正は必ず上記の方法で行ってください。再登録しないようにお願いいたします。
  4. 2からログイン後、演題の取り下げも可能です。取り下げた演題のデータ回復は出来ませんのでご注意ください。

演題登録画面

演題の採否

ご応募いただいた演題は採否を決定した上で、ご登録いただいたメールアドレスへご案内いたします。
ご応募の際の電子メールアドレスが変更になる場合には運営事務局までご連絡下さい。
なお、発表形式、発表区分は必ずしもご希望通りにならないことがありますことを予めご了承ください。

ご応募に際して

筆頭演者は当学会員に限ります。
未入会の方は必ず入会手続きをお願いいたします。
入会に関する詳細は、日本病院前救急診療医学会のホームページをご確認ください。

お問合せ先

【日本病院前救急診療医学会】
〒164-0001 東京都中野区中野2-2-3
株式会社 へるす出版 事業部内
TEL:03-3384-8177(へるす出版事業部内) FAX:03-3380-8627
E-mail:prehos@herusu-shuppan.co.jp
http://square.umin.ac.jp/jspm/index.html

【第19回日本病院前救急診療医学会総会・学術集会 運営事務局】
株式会社JTBコミュニケーションデザイン 事業共創部
〒810-0072 福岡市中央区長浜1-1-35新KBCビル4F
TEL:092-751-3244 FAX:092-751-3250
E-mail:jspm19@jtbcom.co.jp

先頭に戻る